黒酢の成分と特徴

MENU

黒酢の成分と特徴

黒酢の特徴としては、疲労回復成分が非常に多いことが有名です。
昔から愛用されているわけは、筋肉疲労を回復させるための確かな効果が知られていたためです。
極めて強力な殺菌力や抗菌力があるために、冷蔵庫がない時代でも保存食として重宝されていました。
高温多湿な日本の気候で麹菌を発酵させて、独特な調味料にまで洗練させたものです。

 

黒酢の主原料は玄米であり、そのままの状態でもタンパク質が含まれています。
発酵の過程において、米のタンパク質はアミノ酸へと変化して、濃厚で芳醇な旨みが生まれるようになります。
原料の玄米には滋養強壮の効能があり、生薬では粳米とも呼ばれます。
玄米の栄養が発酵の力で増幅して、風味も倍増するのは麹菌の成せる技です。

 

酢酸発酵のおかげで、黒酢には有機酸という成分も豊富に含まれるようになります。
クエン酸や酒石酸などが有機酸であり、人体にとって極めて有益なものです。
クエン酸は疲労回復のために有効なことで有名で、体のエネルギー代謝に深く関与する成分です。
酢酸も同時に含まれ、血液をサラサラにする効果も生まれます。
黒酢を日常的に飲んでいれば、高血圧や肥満などの生活習慣病にかかるリスクを大幅に軽減できます。